ページタイトル_ギャラリー
サムネ画像
あおい
「ちょっと飲みすぎたかも…」
日付はもうとっくに変わってしまっている。
仕事の付き合いとはいえかなりの量を飲まされた。
(電話が鳴る)
あおい
「…もしもし?」

なつき
「もしもし?あおい?あのさ、明日合コンあるんだけどこない?」

あおい
「合コン…?やめとくよ~」

なつき
「え!?どうしてよ~!また仕事なの!?」
唯一と言っても過言ではない友達の声が頭に響く。
あおい
「明日は休みだけど、まとめなきゃいけない記事があって…」

なつき
「あんたまだあの変な雑誌のライターやってるわけ?」

あおい
「変って…オカルトが好きな人には人気なんだよ?」

なつき
「もうそんなのやめてさっさと男でも作りなさいよ!」

あおい
「はいはい。なつきはそればっかりなんだから」

なつき
「女は賞味期限があるっていっつも言ってるでしょ~!あんたのこと心配してるのよ」

あおい
「ん~、ありがと。また連絡するね」
(電話を切る)
なつきからの電話を切り、私は酔いと眠気に襲われながらようやく家についた。
あおい
「う~ん、鍵が入らない~…」
何度も鍵穴に通そうとするが酔っているせいかまったく入らない。
あおい
「ん?」
ようやく鍵は入ったものの、開ける手ごたえがない。
あれ?鍵を閉めないで出ちゃったかな?
???
「「「おかえりなさいませ、プリンセス」」」
扉を開けるとそこには人とは違うなにかが3人並んでいた。
…やっぱり飲みすぎた。職業柄、この街に人外が現れたら~とかよく考えるし、
こういうありえない物が見えるのも頷ける。
幻覚だよ幻覚。私相当飲んじゃったもん…。
ピトッ
アーレント
「あの…?」
あれ?触れる…?
夢のわりには、妙にリアルな感触だ。
頭だけじゃなく皮膚まで本物の生き物みたい。
きっと現実と夢との境目がわからなくなってるのね…。
もしかしたら、もう夢の中にいるのかもしれない。
ゴホンと咳払いが聞こえ、その人達?は身だしなみを整えた。
マオ
「はじめまして、プリンセス」

レザール
「貴方は花嫁候補に選ばれました」

アーレント
「わが主の花嫁になってくださいませんか?」
不思議な3人組は意味の分からないことを言っている。
あおい
「それ着ぐるみですか?」

マオ
「着ぐるみってなに?」
着ぐるみにしてはやけにリアルで怖いけど、実際に不思議な生き物に
会うとこんな感じなのかなあ。
…明日は良い記事書けそう。
せっかくなのでこの夢を楽しむことにする。
もしかしたら新しいネタにもなるかもしれないし。