ページタイトル_ギャラリー
サムネ画像
レザール
「本当に油断も隙もない」

あおい
「え……え???」

状況が理解できない。
アーレントにキスされ、次はレザールに押し倒されている。
レザールが何故不機嫌なのか、私には分からない。
レザール
「目を離すとすぐこれだ…貴方は危機感というものがないんですか?」

あおい
「今感じてる…」

レザール
「…」

あおい
「すみません」
“口答えするな”とレザールの目が言っている。
レザール
「あの男は貴方に気があるんですよ。もっと気をつけてください」
“あの男”とはアーレントのことだろう。
何故こんな形で忠告されているのか私にはわからない。
あおい
「でもレザールには関係ないでしょう」
そう言うと、レザールは驚いたように目を見開いた。
まるで、何故自分がこうしているのか分かっていないような反応だ。
しかし、そんな態度はつかの間。
レザールは私の顎を掴んだ。
レザール
「なら…」
再び低くなったレザールの声に私は黙って顔を見つめた。
レザール
「なら、私だっていいでしょう」
そう言うと唇に温かいものが触れた。
今度は正真正銘、唇に。